nlpでコーチングレベルを上げよう~様々なシーンで活躍出来る~

女の人

ふたつのセラピーの違い

笑っている人

人の成長をサポートするコーチングに、nlpのスキルを取り入れるケースが増えてきています。これまでは触れることのなかった過去のトラウマなどと向き合い、それをどう解決するかをコミュニケーション能力を高めることで身につけることができるようになっています。

詳しくはコチラ

情報伝達訓練

講義

特筆すべき特徴

コーチングによる目的達成のプログラムは今では一般的に行われているものですが、さらにnlpとの融合により進化を遂げています。コーチングとは、当初スポーツ選手に適用された目的達成のための方法ですが、現在はビジネスの場においても活用されています。コミュニケーションを主体として本人の潜在意識を引き出すことが目的となっています。一方のnlpとは神経言語プログラミングと呼ばれ、自分の脳を使いこなすことによって生活を向上させる目的を持ちます。その意味では、脳の取り扱い説明書とも呼ばれています。そしてこのふたつを融合させることによって、さらに効率良く目標や目的を達成することが可能となっています。過去には触れないことが特徴となります。

本来コーチングは、現在と未来に焦点を合わせて過去には触れないことが多かったものです。けれども対象者が何かしらのトラウマを過去に抱えているために、目的達成に歯止めがかかっているケースがあります。そこでnlpの技術を活かして、まず繰り返される問題から過去の傾向を見抜くことになります。その上で、過去に見出された問題を解決することになります。未来に向かうためには、行き先をブロックしている過去の問題点をクリアしなければならないとしています。その点が、nlpを利用することとこれまでのコーチングとの違いとなります。nlpのノウハウを吸収することで、通常とは違ったコーチングスキルを修得することが可能です。ビジネスから日常的な人付き合いまで、様々な場面で活用することが出来るでしょう。

人を指導する効果的手段

相談

コーチングではどうしてもフォローできなかったことに、nlpのスキルを活用することで対処できるようになってきています。過去のトラウマや問題が阻害要因となって目標達成の障害となる場合、その過去の出来事にアプローチすることが可能となるからです。

詳しくはコチラ

ふたつの指導法の特徴とは

講義

人を指導する方法として、異なるアプローチを取るコーチングとnlpが、それぞれの特徴を活かしながら融合されるようになっています。目標達成の阻害要因となる過去の出来事に対してもアプローチするスタイルを取る傾向が見られます。

詳しくはコチラ