nlpでコーチングレベルを上げよう~様々なシーンで活躍出来る~

黒髪の女性

ふたつのセラピーの違い

笑っている人

注意したい点

セラピーに高い効果を発揮するものとして、コーチングとnlpがあります。共に高いコミュニケーションスキルを必要とするものですが、アプローチが異なります。どちらを受けるのかは、何を目的としているかによって変わることに注意が必要となります。まずコーチングは、目標を定めている人に対してのサポートを行うものとなります。自発的な行動を促すというアプローチを取るので、いかに得意なことを認識し高めることができるかがポイントになります。一方のnlpは目標を探し出すことから始まります。漠然と抱えた不安をあぶりだし、何ができるのかを引き出すアプローチを取ります。そして常に目標設定と判断、そして決断する能力を高めるものとなります。

工夫で得られるメリット

コーチングは本来、人を指導する立場の者が身につけるスキルです。いかに相手をサポートするかに重点が置かれているものですが、近年ではnlpのスキルを取り入れるようになっています。nlpはまず自分自身を良く知ることから始まります。その結果、相手のことを良く理解できるようになるわけです。そのスタンスで相手とのコミュニケーションを円滑に取れるようになってきます。これまでは相手の能力をいかに引き出すかに主眼が置かれていたものですが、それを阻害している過去のトラウマや問題点を引き出し解決できるようになりたす。その結果、これまで越えることができなかった壁を越えて、さらなるコーチングを行うことができるようになります。